高石市の歯医者「のだ歯科クリニック」のインプラント・入れ歯ページです。

TEL. 072-262-4182

診療時間 9:30~13:30 / 15:30~20:00

Web診療予約

矯正歯科

インプラント・入れ歯

インプラントや入れ歯で
咬む機能を回復しましょう

咬む機能を回復しましょう

むし歯や歯周病、お口のケガなどで歯が抜けてしまった場合、たとえ1本でも早めに歯の機能を補う必要があります。こちらでは高石駅前「のだ歯科クリニック」が、抜けた歯を補う補綴(ほてつ)治療についてご説明します。

まるで天然歯のような咬み心地のインプラント、しっかり咬める入れ歯など、患者さんのご要望に合わせたご提案が可能です。歯が抜けてお困りの方、お気軽にご相談ください。

インプラント

インプラントとは

インプラントとは

インプラント治療は、チタン製の人工歯根(インプラント)を歯が抜けた部位(顎の骨)に埋め込んでから、上部にセラミック製の人工歯を装着する治療です。自分の歯のようにしっかり咬めて、見た目にも美しく白い歯を手に入れることができます。

当院のインプラント治療の特徴
術前の診査をしっかり行います

術前の診査をしっかり行います

インプラント治療では、顎の骨に人工歯根を埋め込むための手術が必要です。安全な手術を行うため、インプラントを埋め込むために十分な顎の骨があるか、歯科用CTを使用して、骨の量や状態などを手術前にしっかり検査します。

衛生管理を徹底している

衛生管理を徹底している

インプラントの手術時には細菌によって感染することのないように、衛生管理の徹底が求められます。
当院では高レベルの感染予防対策に努め、クリーンな環境で治療を行っています。滅菌管理も徹底していますのでご安心ください。

審美補綴はしっかりした補綴物を作っている

審美補綴はしっかりした補綴物を作っている

手術で人工歯根を埋め込んでも、その上に装着するかぶせ物の精度が低いと、せっかくのインプラント治療も台無しです。当院は技術力の高い歯科技工所と提携し、精度の高い技工物によって、見た目も機能も優れた補綴を行っています。

スタッフ教育も徹底

スタッフ教育も徹底

歯科医師がインプラント治療の知識をもっていても、医師をサポートする技工士や衛生士、助手の知識が不足していると、十分な治療が行えません。当院では全スタッフに対して、手術やインプラントに関する教育を徹底し、安心安全な治療につなげています。

治療が怖い方には静脈内鎮静もあります

手術時の麻酔が怖くて治療を受けるのが怖いという方、当院では、静脈内鎮静法という麻酔のご提案も可能です。静脈から薬剤を点滴し、眠っているような状態で手術を受けられます。インプラント手術への不安がやわらぎますので、お気軽にご相談ください。

インプラントの症例
治療前
×
治療後
×
レントゲン画像①
×
レントゲン画像②
×
治療前

治療前

※画像をクリックすると拡大します。

治療後

治療後

※画像をクリックすると拡大します。

レントゲン画像①

レントゲン画像①

※画像をクリックすると拡大します。

レントゲン画像②

レントゲン画像②

※画像をクリックすると拡大します。

年齢 20代男性 主訴 左下奥の歯が欠けた
治療期間 約半年 治療内容 右下第1大臼歯抜歯後インプラント
費用 35万円(税別) 院長コメント 虫歯を放置した結果、歯が真っ二つに割れてしまい、抜歯をせざるを得ない状態でした。
抜歯後の選択肢は、保険治療ではブリッジか部分義歯になりますが両隣の歯が健全であったため、削るリスクを回避し、インプラントを選択されました。
被せ物が入ったあと、なんでも噛めると大変満足され、現在では術後1年経ちますが経過良好です。

入れ歯治療

入れ歯治療

入れ歯にはすべての歯を補う「総入れ歯」と、歯の一部を補う「部分入れ歯」があります。なお、保険適用の入れ歯と自費の入れ歯がありますが、自費の入れ歯でもインプラントほど高額でありません。治療期間も短く済み、手術も不要でからだへの負担を抑えることができます。

取り扱い入れ歯

取り扱い入れ歯

保険の入れ歯は補綴治療の中でも安価で歯あるものの、素材や作製方法に制限があるため、患者さんにとってご満足いただけるとはかぎりません。たとえば、部分入れ歯は一般的には金属の留め具によって固定しますが、白い歯列の中で目立ってしまいます。

また保険の入れ歯の場合、歯ぐきと接する「床」の素材はレジン(歯科用プラスチック)に制限され、どうしても分厚くなるため、違和感があったり、食べ物の温度が伝わりにくかったりします。当院ではこういった欠点を補うような快適な自費の入れ歯のご提供も可能です。

スマートデンチャー

スマートデンチャー

審美性に優れた部分入れ歯です。入れ歯を固定する部分が金属の留め具がなく、見た目が綺麗で入れ歯と気づかれにくく、審美性に優れています。入れ歯を装着した時の違和感が少なく、金属アレルギーの心配がない点もメリットです。

金属床(ゴールド、チタン、コバルトクロム)

金属床(ゴールド、チタン、コバルトクロム)

歯ぐきに接する「床」部分を金属にすることで、レジン床の入れ歯よりも薄く作製できます。お口に入れたときの違和感が少なくなり、食べ物の温度も伝わりやすく、食事をおいしくとれます。

ゴールド 精密な加工をしやすく、からだになじみやすい。腐食にも強い。
チタン 軽くて丈夫、からだになじみやすい。金属アレルギーを起こしにくい。
コバルトクロム 熱が伝わりやすく耐久性にも優れている。ゴールドやチタンより安価。
ページトップへ

電話番号

072-262-4182 タップで電話をかけられます

診療予約

24時間受付 Web診療予約