高石市の歯医者「のだ歯科クリニック」のレーザー治療ページです。

TEL. 072-262-4182

診療時間 9:30~13:30 / 15:30~20:00

Web診療予約

歯周病治療

レーザー治療

レーザー治療
優しい歯科治療

高石市の歯医者「のだ歯科クリニック」では、歯科治療にレーザーを導入しております。

ここでは、虫歯治療だけでなく、歯周病治療や口内炎の治療など、幅広い処置に活用できる歯科用レーザーについて詳しく解説します。

歯科用レーザーとは

病変だけを取り除ける安全性の高いレーザー

日本人の8割以上がかかっている病気です

歯科用レーザーとは、医科の治療で活用されている医療用レーザーを歯科治療のために改良したものです。

虫歯になっている部分だけに反応するため、健康な組織を傷つけるリスクがほとんどありません。

また、正常な細胞を活性化する働きも期待でき、傷口の治癒を促進します。そんな歯科用レーザーは、心臓にペースメーカーを埋め込まれている方や妊娠中の方でも安全に使用することが可能です。

切削量や出血量を最小限に抑えられる

歯科用レーザーは、虫歯菌に侵されている部分だけに反応するため、歯質の切削量を最小限に抑えることができます。また、外科処置の際のメスとして応用する場合でも、歯肉の切開と同時に止血を行うことができ、出血も最小限に抑えることが可能です。さらに、術野の殺菌効果も期待できるため、術後の感染症の予防にもつながります。

当院で使用する歯科用レーザー

当院では、炭酸ガスレーザーの一種である「GC NANO LASER GL-III」を導入しております。炭酸ガスレーザーは、細胞内の水分を瞬間的に蒸散させる作用があります。波長10.600nmの赤外線光によって、患部を安全に切除することができる歯科用レーザーです。

歯科用レーザーの活用例
知覚過敏

知覚過敏

冷たいものが歯にしみる「知覚過敏症」は、レジンでコーティングすることで症状を抑えるのが一般的です。当院では、そんな知覚過敏症に歯科用レーザーを応用することで、「歯がしみる」などの症状を軽減します。

歯肉の着色

歯肉の着色

日常的にタバコを吸っていると、歯だけでなく、歯肉にも着色が起こります。喫煙習慣のある人の歯茎が黒ずんでいるのは、メラニン色素の沈着によるものです。歯科用レーザーを用いることで、そんな歯肉の着色を改善することが可能です。炭酸ガスレーザーを照射すると、歯肉の細胞が新しいものへと生まれ変わり、本来の健康的なピンク色へと戻っていきます。

口内炎

口内炎

口内炎をはじめとした口腔周囲の粘膜炎は、歯科用レーザーを照射することで症状を改善することができます。

オペ

オペ

歯科用レーザーは、歯科治療に伴う外科処置でも随所で活用されます。最も一般的なのは、歯肉の切除です。それから、舌小帯の付着異常では、歯科用レーザーを用いて切除を行うこともあります。いずれもメスを使うよりは痛みや出血が少なく、傷口の治りも早いといえます。

虫歯治療

虫歯治療

虫歯治療における歯科用レーザーの活用では、まずタービンで病変部を切削します。その後、レーザー照射によって殺菌を行うと同時に、病変の取り残しもなくし、再感染のリスクを低下させます。

根管治療

根管治療

根管内はとても細く、複雑な構造をしているため、リーマーなどの手用器具だけでは無菌化することが困難です。そこで、効率的に殺菌を行える歯科用レーザーを用いて、根管治療を行います。その結果、根管内の無菌化を達成しやすくなり、治療後の治癒も早まります。再感染を防ぐことにもつながります。

歯周病治療

歯周病治療

重症化した歯周病では、歯周ポケットが深くなっています。ポケット深くに形成された歯石は、歯周病菌の温床にもなるため、きれいに取り除く必要がありますが、通常のスケーラーではなかなか除去できないのが現実です。そこで、到達性の良い歯科用レーザーが力を発揮します。ポケットの奥深くに形成された歯石を除去し、炎症を抑えることで、重症化した歯周病でも治癒へと導いてくれます。

歯科用レーザーの注意点
  • 施術の際に瞬間的な痛みを伴うことがあります
  • 歯磨きの際には治療部位に歯ブラシが当たらないよう気を付けてください
  • 施術後数日間は、術野を刺激するような熱いものや辛いものを避けてください

レーザー治療をご検討の方はお気軽にご相談ください。

ページトップへ

電話番号

072-262-4182 タップで電話をかけられます

診療予約

24時間受付 Web診療予約